〒099-1252 北海道常呂郡置戸町字勝山81番地(置戸町役場から車で10分)

営業時間
営業時間:8:00~18:00
定休日 :日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

090-9750-3474

オケクラフトが生まれるまで

毎年年に一度札幌市で『オケクラフト展』を開催しております。

生産教育の推進を挙げ暮らしの中に木の文化を取り入れ、地域の暮らしや文化、人づくりなど産業起こしを総合的に行う町つくりを考えていた置戸町は、1983年秋岡芳夫氏に講演を依頼しました。講演後、青年木工グループとの懇談の際に『置戸町の資源を生かすのに木工ろくろの技術を導入し置戸町から新たな生活文化を発信してみてはどうだろう』と提案があり、現在も名誉塾長の時松辰夫氏を紹介しました。

秋岡先生の紹介で木工ろくろの指導に入ることになった時松辰夫氏がまず着目したのが、町民にはとても身近にありすぎて注目もされていなかったエゾマツやトドマツなどの置戸町の森林資源でした。

エゾマツやトドマツなどは製材するときに、アテの部分は反ったり曲がったりしやすいので、チップや薪に使われていました。このアテの持つ木目の美しさを生かせないかという着目がオケクラフトが生まれていくスタートになっていきます。

北国生まれの『白い木の器』のオケクラフトは、2018年に35年目を迎え、今では北海道だけではなく日本全国に多くのファンに支えられています。置戸町内には20を超える個人工房があり毎日生産活動を行っております。また置戸町では毎年オケクラフト作り手養成塾の研修生を日本全国から募集し、未来の作り育成にも力をいれています。興味のある方はぜひ『オケクラフトセンター森林工芸館』にお問い合わせください。

写真でもご紹介しておりますが、毎年札幌市のギャラリーにて『オケクラフト展IN札幌』の開催を実施しています。2018年は、北海道胆振東部地震もあり1か月づらしての開催となりましたが、多くのお客様に来場いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

 

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-9750-3474
営業時間
8:00~18:00
定休日
日曜・祝日
TOP